総量規制対象外のカードローンと総量規制されているカードローン

カードローンは銀行や消費者金融で利用することができ、お金が必要な時には大変便利なものです。
でもカードローンには総量規制対象のカードローンと総量規制対象外のカードローンがあります。
総量規制とは年収の3分の1以上の借入ができないように定められた規制で、債務者への過剰貸し付けを防ぐために定められました。
総量規制の対象になる借入は消費者金融、信販会社、クレジット会社になり、銀行からの借入は対象外になります。
また消費者金融であっても総量規制対象外のカードローンがあり、それは顧客に一方的有利となる借り換えの場合には総量規制の例外として年収の3分の1以上の借入も可能になります。
ですから、消費者金融のおまとめローンなら総量規制対象外のカードローンとして利用することができます。

おまとめローンとは複数ある借金を金利の安い1つのローンにまとめることで、支払う利息を減らすことができるメリットがあります。
銀行のカードローンを利用した方が金利が安いのでメリットは多いのですが、銀行が審査が厳しいというデメリットがあるので、銀行の審査に通らなかった場合に消費者金融のおまとめローンを利用する人が多くいます。