総量規制対象外のカードローンと総量規制されているカードローン

カードローンは銀行や消費者金融で利用することができ、お金が必要な時には大変便利なものです。
でもカードローンには総量規制対象のカードローンと総量規制対象外のカードローンがあります。
総量規制とは年収の3分の1以上の借入ができないように定められた規制で、債務者への過剰貸し付けを防ぐために定められました。
総量規制の対象になる借入は消費者金融、信販会社、クレジット会社になり、銀行からの借入は対象外になります。
また消費者金融であっても総量規制対象外のカードローンがあり、それは顧客に一方的有利となる借り換えの場合には総量規制の例外として年収の3分の1以上の借入も可能になります。
ですから、消費者金融のおまとめローンなら総量規制対象外のカードローンとして利用することができます。

おまとめローンとは複数ある借金を金利の安い1つのローンにまとめることで、支払う利息を減らすことができるメリットがあります。
銀行のカードローンを利用した方が金利が安いのでメリットは多いのですが、銀行が審査が厳しいというデメリットがあるので、銀行の審査に通らなかった場合に消費者金融のおまとめローンを利用する人が多くいます。

おまとめローンの審査基準

これは誰もが思っていることでしょうが、おまとめローンの審査基準はとても厳しいということです。
インターネットでおまとめローンの口コミを見ても、多くの人が審査基準が厳しいということを言っていますね。
万が一審査が降りたと言われても、希望額満額を貸してもらえることができず、一部ならOKですといった返事のようです。
なかなかすべての審査基準を満たす人というのは少ないようです。
審査に通っている人と言うのは全て借入金額が100万円以下と言う人ですね。
大体おまとめローンの審査を希望する人というのは複数からの借入金があって返済に困ってしまうからと言った人が大半でしょうから、100万円程度で申し込む人は少ないと思うのです。大抵の人が数百万の希望額を出しておまとめローンの審査の申し込みをしているので落ちてしまうんでしょうね。
総量規制と言うことを考えるとそうならざる得ない部分もわかるのですが、それならおまとめローンなんて言うみんなが喜びそうなものを商品にするのはどうなのかと思うのです。テレビコマーシャルでもおまとめローンはよくされていますが、CMが言ってるように簡単に貸してもらえる事は絶対にないと思っておかないといけないですね。
確かに、お金を貸してもらうのにそんなに簡単に貸してもらえるなんてわけにはいかないのが普通ですよね。
おまとめローンを考えてる人は、できるだけ借入額が少ないうちにまとめておくことをお勧めします。